アリ退治に効果的!殺虫剤を使わず大量発生したアリを駆除する方法

アリ
注文住宅

アリは、いちど家の中で見かけると、そのあとは1匹2匹と数が増え、いつの間にか大量発生しています。

潰しても潰しても、キリがありませんね。

でも、「殺虫剤を使うのは何となく抵抗がある」という方も多いと思います。

家庭内にあるもので簡単に駆除できる方法をみていきましょう。

また、アリの生態や、毒を持つような危険なアリを見かけた場合の対処法などについても紹介いたします。

無害なアリと危険なアリ

危険なアリ

アリを駆除しようと考える前に、無害なアリと危険なアリを知っておくことが大切です。

もしも、危険なアリである可能性がある場合は、触らないようにしましょう。

日本のアリは、大きな傷が残るということはあっても、命が危険にさらされるようなことはありません。

そして、樹液を吸ったり植物を食べたりもしないため、害虫ではなく、不快な気持ちを与える不快害虫とされています。

ただ、日本にも、危険な外来種がたくさん侵入してきていることは事実です。

もし、毒を持つ外来種に似ていると思ったら、お住まいの市区町村に電話し「外来種のようなアリを見た」と伝えてください。

市区町村によって受付が、環境政策課や清掃部などと名称が違っているため、総合窓口に電話するのが早いですよ。

特定外来生物に指定されているアリの場合は、職員の方が対処してくれます。

特定外来生物に指定されていないアリだった場合は、残念ながら駆除はしてくれませんが、危険なアリでないことがわかると安心感につながりますね。

もしも、見つけたアリが特定外来生物でなかった場合でも、料金が発生するといったことはありません。

むやみに触らず、住まいのある市区町村へ連絡しましょう。

特定外来生物については、次の項目で簡単に触れています。

特定外来生物に指定されているアリの種類

日本で特定外来生物に指定されているのは、下記の4種類です。

子供を公園で遊ばせたり、アウトドアを楽しんだりするときには、少し知っておくだけで役に立つこともあります。

ヒアリ(アルカロイド系の毒)2~6ミリで赤茶色、腹部は暗色

毒により激痛が走り、水疱状に腫れあがります。また、アナフィラキシーショックをおこす可能性があり、その数は北米だけでも年間1500件近く報告されていて非常に多いといわれています。

アルゼンチンアリ2~3ミリで、淡褐色もしくは褐色

毒や蟻酸がないため、ヒトに直接の被害は与えません。

ただ、絶滅させるのがとても大変なアリであり、他の生物を棲家から追いやって絶滅させたり、果物などを食害したりと間接的に生態系を破壊しています。

コカミアリ(アルカロイド系の毒)1~2ミリで赤黄褐色、腹部は黒っぽいか黒っぽい赤黄褐色

刺されると激痛が襲います。在来のアリを追い払ったという報告もあり、生態系の破壊が懸念されています。ただ、まだ日本への侵入や定着の報告はないようです。

アカカミアリ(アルカロイド系の毒)3~5ミリで赤褐色、頭部が褐色

ヒアリと比べると毒は弱いですが、ヒアリと同じく、刺されると毒により激痛が走ります。

そして水疱状に腫れあがり、アナフィラキシーショックをおこす可能性があります。

大量発生したアリを駆除する方法

アリを駆除するには、フマキラーなどの殺虫剤が有効ですが、今回はそういった殺虫効果のある製品や薬剤を使わずアリを退治する方法を紹介します。

下記の方法は、日本に在来していて、特に台所でよく見かける黒いアリに効果のある方法です。

熱湯

直接アリに熱湯をかけて殺します。

また、アリの巣を探し出して熱湯をかけることで、巣ごと一網打尽にすることができます。

食器用洗剤のスプレー

食器用洗剤を、スプレーできるぐらいに薄めておき、アリに直接かけます。

土の上などにスプレーしてしまうと、食器用洗剤の化学物質が地面に沁み込むため、控えましょう。

重曹(ベーキングパウダー)

アリは重層が好きなわけではないため、粉砂糖を混ぜ、アリ好みに味付けします。

それを食べたアリからは、消化するための酸が出ます。

そのときに重層と酸が化学反応をおこし、二酸化炭素が発生してアリを殺してしまうという方法です。

重層は、スーパーや100円ショップでも手軽に手に入ります。

同じアリでも、特定外来生物に特定されているようなアリに似ている場合は、住まいの市区町村へ連絡しましょう。

また、シロアリや羽アリへの効果は不明です。

シロアリ駆除などをおこないたい場合は、業者の方に相談するか、シロアリ専用の商品を購入してくださいね。

アリを寄せつけないための対策

アリの駆除方法を知ることも大切ですが、アリを寄せつけない対策も重要です。

チョーク

2018年の春ドラマで放送されていた「家政夫のミタゾノ」でも、アリの行列の間にチョークで線を引き、アリの行列を遮る方法を紹介していました。

同じように、侵入してほしくない場所をチョークで囲むことにより、アリの侵入を防ぐことができます。

輪ゴム

アリは輪ゴムのニオイが苦手なので、ハチミツや砂糖のビンに巻いておくと効果があります。

アルコールスプレー

アリは、自分が歩いたあとにフェロモンをつけていきます。

他のアリたちは、まるで足跡のようなこのフェロモンを辿り、目的地にあるエサの場所まで辿り着くのです。

アルコールスプレーは、このアリのフェロモンを消す効果があります。

また、使用するアルコールスプレーは、ホームセンターなどでよく見る、市販のもので大丈夫です。

上記の方法と併せて

  • 食べ物を放置しない
  • 調味料のフタをきちんと閉める
  • お菓子の食べこぼしをチェックする

といったことに注意し、アリの侵入を防ぎましょう。

まとめ

 

アリ

アリとひと口に言っても、特定外来生物に指定されているような危険な種類も存在します。

危険なアリの特徴と似ているアリを見つけたときは、迷わず住まいのある市区町村に連絡しましょう。

家庭内でよく見かける黒いアリを見つけたときは、ぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。

また、食べ物を放置しないことや、調味料のフタをきちんと閉める、お菓子の食べこぼしをチェックする、といったことも大切です。

アリを寄せつけない工夫で、快適な毎日を送りましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧