お手軽DIYに欠かせないグルーガンの活用法

本格DIY

グルーガンは、スティック状の樹脂を溶かして簡単に素材を接着できる工具です。最近は100円ショップでも購入することが出来、DIY好きの若い女性から注目を集めています。
短時間の作業でインテリアやファッション小物をDIY・リメイク出来るグルーガンの魅力と、自由な活用法の一例をご紹介します。

お手軽DIYにもってこい!便利な工具「グルーガン」とは

グルーガンってどんな工具?

グルーガンは、直訳すると「接着剤の銃」。拳銃のような形をしており、スティック状の樹脂(グルースティック)を熱で溶かして先端から出し、素材同士を接着させる工具です。
簡単に紙やプラスチック、木材や金属など幅広い素材を短時間で接着させられるのが魅力です。

100円ショップで買えるのがうれしい!

ホームセンターなどで手軽に購入出来るグルーガンですが、価格は大体1,000円以上になります。
ですが、最近は100円ショップなどで216円程度で販売されているグルーガンもあります。機能も意外と本格的なものが多く、壊れてしまったときにもすぐに買い替えやすいので、初心者の方にはまず100円ショップで購入してみることをおすすめします。

お手軽工具グルーガンの使い方

グルースティックを入れる

まず、グルーガンを使うにはグルースティックを入れることが必要になります。
グルーガンには立てかけられるようにスタンドがついているので、このスタンドを立てて後方の穴にグルースティックをセットします。
電源をオンにすると約5分程でグルースティックが溶け出してきます。やけどには注意しましょう。

接着したいものにグルーをつける

グルースティックが溶けたら、レバーを手前に引いてグルーを接着したいものにつけましょう。グルーガンを必ず下向きにして、接着したいものにつけます。
出始めのグルーは固くなっていることもあるので、出来れば一度1cm程要らない新聞紙などに出してみてから使用してください。

1~2分でしっかり硬化!

低温タイプのグルーガンの場合、グルーは糸を引きやすくなっています。糸を引きそうな時は、出したグルーに巻き付けるようにグルーガンの先を回転させてから、離してみてください。
1〜2分置いて乾かせば、しっかりと硬化してくれます。
配置を間違えてしまった場合には、ドライヤーで温めれば外すことも出来ます。

おしゃれな雑貨をDIY!グルーガンの活用法

ファーを取り付けて簡単リメイク!


バッグにグルーガンでファーをつけるだけで、ゴージャスな雰囲気のバッグに。ふわふわのファーがあたたかな雰囲気を演出して、冬のおしゃれがもっと楽しくなります。

ステンシルと組み合わせてバスロールサイン風チェスト


グルーガンは、木材も簡単に接着できます。殺風景なチェストやカラーボックスにも簡単にオリジナリティをプラスすることが出来ます。
ステンシルを使ってバスロールサイン風のロゴを入れた合板などを接着すれば、ブルックリン風のおしゃれな家具に!

グルーガン×メルトビーズでキラキラヘアピン


ヘアピンなどの金具にメルトビーズを接着する時にも、グルーガンは大活躍してくれます。
メルトビーズで作った可愛いモチーフを、シンプルなヘアピンに接着すれば子供も大喜びのキラキラヘアピンが完成!透明感のあるビーズで作れば、光を透かして美しく輝きます。
グルーガンを初めて使う時には、やけどには十分注意してください。子供と一緒に使う場合には、必ず目を離さないようにしましょう。
また、収納する際にはグルーガンの先端の熱がしっかりと冷めていることを確認しましょう。安全に楽しくグルーガンを活用してくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧