コンベックスとは?メジャーとの違いと正しい使い方

本格DIY

「コンベックス」という道具をご存知でしょうか。
DIYで、資材や施工箇所の寸法に使われる物差しですが、実は正しい使い方をよく知らないという方は少なくないようです。
コンベックスの正しい使い方や、よく間違えられる「メジャー」との違いなどを詳しく解説します。

意外とよく知らない工具・コンベックスとは?

コンベックスは合板などの材料をはかる物差しの一種

コンベックスは、合板などの資材や施工箇所の長さを測定するための道具です。巻き尺や物差しの1種で、測定目盛りのテープ部分が薄い金属でできたものを指します。主に建築や工作、DIYなどの場面で使われる工具です。

柔軟性と安定性があるのが特徴

コンベックスは、テープが金属製であるため、測定時にテープがぴたっと自立してくれるのが特徴です。これによって、寸法の長い物や高さのある物をより正確に測ることが出来るのです。
また、収納時にテープを巻き取れる柔軟性も持ち合わせており、長く伸ばしたテープもさっと片付けることが可能です。
コンベックスは、手際よく寸法を測るのに便利な工具なのです。

コンベックスには便利な機能がたくさん

コンベックスにはそのほかにも便利な機能がたくさんあります。
測定目盛りの先端部分には金属のツメがついており、測定する対象物に引っ掛けたり、角を合わせたりしてゼロ基点をしっかりと確立することが出来ます。
また、テープが出た状態を保持するロック機能もあります。テープのロックはロックボタンをスライド操作するだけなので簡単。
コンベックスは金属製テープなのでそれなりの重さがあり、巻き戻ろうとするバネのテンションもあります。ずっと指だけで延ばした状態を保つのは骨が折れる為、このロック機能は非常に助かります。
<h2>同じ物差しでも全然違う!コンベックスとメジャーの違いとは

100均でも買える身近な工具・メジャーとは?

メジャーは布製やビニール製の柔らかい巻き尺です。柔らかく自由に曲がり、測定したい対象物のラインに沿わせて長さを測ることが出来るのが特徴です。そのため、身体測定や被服の寸法取りなど、主に身体のサイズを測る場面で使われることが多いです。
メジャーの測定目盛りはメートル単位のほか、和裁に用いられる「鯨尺」という長さのものもあります。こちらは1寸相当である1/26.4m刻みの目盛りが記されたものです。

コンベックスとメジャーの違い

コンベックスとメジャーの違いは大きく分けて、「測定テープの素材」と「使用用途」の2点です。
コンベックスは「金属製、建築・工作用」、メジャーは「ビニール製、身体や被服の採寸用」となります。

コンベックスの正しい使い方

ゼロ基点を確立する

物の寸法を測るとき、まずはゼロ基点を決めることが大事になります。
コンベックスのツメの先端は動くようになっています。ツメを対象に引っ掛けた時と突き当てた時とでゼロ基点は変わりますが、その厚み分だけコンベックスのツメ先端が動いてくれるので、測り方によってゼロ基点や見方が変わることはありません。
引っ掛けても突き当てても、常にゼロ基点は同じと考えましょう。

ツメを活用する

コンベックスのツメには穴が開いています。この穴にネジ山などを引っ掛けることで、長い距離や寸法も1人で測ることが出来ます。
また、コンベックスのツメは先端がギザギザになっている場合があります。このギザギザは木材などにぐっと押し付けることで印をつけることが出来ます。

ピックアップ記事

関連記事一覧