ハイドロカルチャーを使って観葉植物を育てるメリットと方法

観葉植物

ハイドロカルチャーは、観葉植物を初めて育ててみたいと考えている人におすすめの栽培方法です。準備も簡単で、お気に入りのガラスの器などを使っておしゃれに飾ることもできます。
ハイドロカルチャーのメリットと、実践する時に覚えておきたい手順や注意点について解説します。

ハイドロカルチャー(水耕栽培)とは?


ハイドロカルチャーは、ハイドロボールと呼ばれる人工の土を利用して植物を育てる水耕栽培の一種です。
最近ではハイドロボールだけでなく、カラーサンドなどの土ではない別の土壌を使う栽培方法をまとめて、広くハイドロカルチャーと呼ぶのが一般的です。

ハイドロカルチャー(水耕栽培)のメリット

ハイドロカルチャーのメリット①清潔で劣化しにくい

ハイドロボールは、土を使った栽培方法よりも無菌で清潔な状態を保つことが出来ます。
病気や害虫が寄りつきにくく、室内を汚すこともありません。
また、ハイドロボールは約1,000度の高温で焼き固められており、ほとんど劣化の心配がありません。水で洗って使いまわすことも可能なので、経済的です。

ハイドロカルチャーのメリット②管理が楽で容器も選ばない

ハイドロカルチャーは、透明な容器に入れて育てれば水の残量を確認しやすいです。根が水を呼吸しきれずに腐る「根腐れ」や、水不足を防ぐことが出来ます。
更に、自由に容器を選ぶことも出来ます。ハイドロボールなどの人工の土壌にも砂状・石状・ゼリー状など種類がたくさんあるので、おしゃれなインテリアとしてもより自由に楽しめます。

ハイドロカルチャーのデメリットとは?

ハイドロカルチャーのデメリットとしては、以下の3点があります。
・専門の植え込み材や肥料などの購入が必要
・根の生長がゆっくり
・大きく栽培するのには向かない

ハイドロカルチャー(水耕栽培)に植え替え!失敗しない方法とは

ハイドロカルチャーに必要なもの

・根が生えた観葉植物
・ハイドロボール(発泡煉石)
・底穴の空いていない容器
・根腐れ防止剤
・水耕栽培用の液体肥料またはイオン交換樹脂栄養剤

ハイドロカルチャーの手順

まず、容器の底に根腐れ防止剤を入れます。水洗いしたハイドロボールをその上から、容器の1/3ほどまで入れます。
ハイドロボールの上から、イオン交換樹脂栄養剤を適量ふりかけます(液体肥料を使う場合は不要です)。
容器の中心に植物を入れたら、ハイドロボールの高さを調節します。植物の周りにハイドロボールを敷き詰めて、植物がぐらつかないようにしましょう。
植物が安定したら、容器の1/5~1/4まで水を注ぎましょう。液体肥料を使う場合は、この時の水に溶かして一緒に与えるようにしてください。
H3:植え替えたら日当たりのないところで管理
植え替えが完了したら、日当たりのない明るい日陰で管理しましょう。日当たりがある場所で管理するとハイドロボールの劣化が早くなったり、コケが生えたり、葉焼けで葉っぱが黄色くなってしまう可能性があります。
ハイドロボールは、お店で購入したら使用前に1度水洗いして汚れを落とし、乾燥させておくことも重要になります。再利用する場合にも、水洗い後乾燥させるようにしてください。
また、植物を植える時には、器の側面などに根が直接あたらないよう注意することも大切です。
容器の底に水がなくなって2~3日後が水やりのタイミングです。ハイドロボールの約1/5の高さまで水を入れましょう。15度くらいの常温の水を与えると、植物への負担を減らすことが出来ます。

ピックアップ記事

関連記事一覧