インテリアコーディネーターに依頼するメリットとポイント

インテリアコーディネート

毎日過ごす家のインテリアは美しさだけではなく、居心地の良さが大切です。
暮らし方は人によって様々で、何となく理想を描いているものの曖昧な方が殆どでしょう。
そのような時、インテリアのプロであるインテリアコーディネーターは力強い味方。
今回は、気になるインテリアコーディネーターへの依頼方法とメリットについて紹介します。

そもそもインテリアコーディネーターの仕事内容って何?

インテリアコーディネーターに依頼する前に、この仕事が誕生した背景と仕事内容について紹介しましょう。
実際のインテリア空間では、快適な生活のための設備機器や家具、暮らしに潤いを与えてくれる調度品といった沢山のインテリア用品が複雑に絡み合っています。
また、そこで暮らす人々の年齢層や家族構成は一律ではない為、生活感や考え方に違いが出て来ます。もちろん、インテリアへの考え方も人それぞれ異なるでしょう。
そこで実際に生活する人々の要求をまとめて、多くのインテリア商品から最適なものをチョイスし提案する仕事がインテリアコーディネーターです。
まとめると、広範囲なインテリアという分野に於いて、確かな知識とトータル的なコーディネート力を持つインテリアの専門家と言えます。

どんなサービスを受けられるのか知りたい


実際にインテリアコーディネーターへ依頼した時の一般的な流れを説明しましょう。
まずは、インテリアの要望や悩みなどをヒヤリングすることから始まります。依頼者の要望については、言葉だけではなくイメージ写真を見せて貰うことも。
今後のスケジュールの確認や予算なども、この時説明があるでしょう。
その後、インテリアコーディネートの申込みです。
依頼者と打ち合わせを数回重ねて、コーディネート内容を決めていきます。コーディネート内容も様々。家具の選定やオーダー家具の制作、カーテンといったファブリック類、照明器具と多岐に渡ります。注文住宅の場合には、壁や床材、天井材の選定まで及ぶ事も。
また、依頼者の自宅や新居に同行して採寸する場合もあるでしょう。
いよいよインテリアコーディネーターは、依頼者にプレゼンテーションを行います。生地サンプルやプラン図を載せたプレゼンボードを作成したり、パースと呼ばれる完成予想図を描いたりする場合があるでしょう。
この時、プレゼンと一緒に見積もり金額を提示します。
プランと見積もり金額に、依頼者が納得したら契約です。コーディネーターは、商品の発注やオーダー家具の手配を行います。
工事の施工監理を行う場合には、スケジュール通りに工事が進んでいるのか、発注した商品に間違いや不良が無いのかを確認。
最終チェックをして、依頼者に同行し一緒に点検することもあります。
このように、インテリアコーディネーターの仕事内容は幅広いでしょう。
ただし、業務内容はコーディネーターによって変わります。

インテリアコーディネーターの探し方について

インテリアコーディネーターに依頼するために、どのように探したら良いのかポイントを紹介しましょう。
所属先としては、住宅メーカーやリフォーム会社、カーテンや設備機器などのインテリア用品メーカー、専門店や量販店、フリーランスなどで活躍しています。
例えばカーテンメーカーは、ショールームに事前連絡すればアドバイスを受けられます。
さらに、インテリアショップでも「インテリア相談」といったイベントを開催していることも。
ちょっとした相談なら、ショールームやインテリアショップを活用してもおすすめです。
トータルで提案して欲しい場合には、経験豊富なフリーランスのインテリアコーディネーターが良いでしょう。
最近では、個人ブログからコンタクトを取り依頼するパターンが増えています。
さらには、インテリアコーディネーターの資格試験を主催している団体「インテリア産業協会」のウェブサイトからコーディネーターを探すことが可能です。
インテリア産業協会はこちら

インテリアコーディネーターに依頼するための費用



インテリアコーディネーターに依頼するための費用は、一概にいくらと言い表せません。
所属している会社や業務形態によって実に様々です。
例えばハウスメーカーは、そこに所属しているインテリアコーディネーターが無料で対応している場合も。住宅購入者に対してのサービスと捉えているのでしょう。
他には、フリーランスのインテリアコーディネーターに依頼するパターンがあります。この場合でも、一律ではなくコーディネートの範囲によって費用は変わるでしょう。
依頼する際には、コーディネーターの業務内容を把握し見積書の内容に納得した上で、契約することが重要です。
なお、参考までに「関東甲信越IC協議会」では基本コーディネート料金が「7万円〜」となっています。
ポイントは費用負担ばかりに目を向けるのではなく、事前に大まかな予算額を決めておくことです。コーディネート料込みで考えて頂いて問題ありません。
事前に予算額を伝えておくことで、大幅な予算オーバーといった事態を防げます。

どのようなインテリアコーディネーターを選ぶ?

実際にコーディネートを頼む際に、どのようなインテリアコーディネーターに依頼すれば良いのかコツを紹介しましょう。
インテリアコーディネーターは基本的に接客業のひとつで、何よりもコミュニケーション能力が重要になります。円滑な意思疎通を図るためには、出来る限り相性の良いインテリアコーディネーターを選択するようにしましょう。
ただし、優れたインテリアコーディネーターであっても、依頼者によってはフィーリングが合わないといったことがあるかもしれません。肝心なのは、実際に会って話す事でしょう。
また、おしゃれなインテリアを実現させるためにセンスの良いインテリアコーディネーターをチョイスしたい方も多いはず。
センスの良し悪しは、服装及びアクセサリーやバッグなどの持ち物、ヘアスタイルなどから推測が可能です。センスの良いインテリアコーディネーターは、身なりにも気を使っています。

インテリアの悩みや疑問は細かく提示することが大切


インテリアコーディネーターは、顧客のニーズを掴むことが何よりも大切です。
ただし、要望を汲み取ってもらう為には受け身ばかりではいけません。
インテリアコーディネーターに相談や依頼をする時、現状のインテリアの状況や悩みをきちんと説明しましょう。
その場で上手く伝えることに不安がある方は、事前にメモしておくことをおすすめします。
では、実際の悩みを具体例として取り上げてみましょう。
家族とインテリアの趣味が合わない事や、要望が多すぎてまとまりに欠けているといった事がよくある悩みです。
家族とインテリアの趣味が合わない時、家族の希望インテリアスタイルを上手くミックスさせコーディネートする場合があります。
それが難しい際には、部屋別や階別でインテリアのスタイルを分離させるといった手法も。例えば1階のリビングは夫が好むインテリアにして、2階の寝室は妻が望むインテリアにするなどが考えられます。
また要望が多すぎる際には、優先順位を付けることが大切。個別に書き出して、本当に必要なのか再度検討することも有効です。

ピックアップ記事

関連記事一覧