ロマンチックでムードあるお部屋を演出する、おしゃれな照明の選び方

インテリアコーディネート

照明は、お部屋のムードを演出してくれる大事なインテリアです。LEDライト、間接照明、イルミネーションライトなど、どんな雰囲気のお部屋にしたいかによって、おすすめの照明もさまざま。
この記事では、ロマンチックなお部屋を演出してくれる照明の選び方について、それぞれのシーンでの実例を交えながらご紹介します。

ベッドルームには間接照明を


一日の終わりにのんびりとリラックスしたいベッドルームには、間接照明がおすすめです。間接照明とは、光が直接目に入らないように工夫され、壁や床に反射した光で明かりをとるもの。目に優しく、反射でほんのりと光る明かりがロマンチックなムードを演出してくれます。
照明の色は、温かみのある暖色系の「電球色」を使いましょう。青白い「昼光色」や太陽光に近い「昼白色」の照明は、学校やオフィスなど、昼間に活動する場所で使うものです。リラックスするためのベッドルームで使うには向いていません。

リモコンLED電球で快適に使う


間接照明をベッドサイドではなく、部屋の隅やウォールライトとして設置した場合、スイッチまでの距離が遠いこともあります。そんなときは、リモコンLED電球を使いましょう。
リモコンとペアリングした専用のLED電球を設置すれば、手元で電源のON/OFFが出来ます。また、電球によっては昼白色と電球色を切り替えられたり、明るさを調節出来たりするものもあるので、お好みで選びましょう。

テレビやパソコンの後ろを照らす


テレビやパソコンの後ろを照らすことで、画面がぐっと見やすくなります。また、どうしても無機質で角ばった印象を与えてしまう電子機器も、ふんわりと柔らかい雰囲気に出来ます。温かみのあるムードを演出したいリビングにおすすめの照明です。
ウォールライトでなく、スティックライトやスタンドライトなどをテレビやパソコンの後ろに置くのもいいですね。ライトの光でまぶしくならないよう、直接光が画面に当たらないように置きましょう。

ストリングライトで癒やしの空間づくり

ストリングライトとは、小さな電飾がケーブル上につながったイルミネーションライトです。コンセント式・電池式・ソーラー式とタイプはさまざま。用途に合わせて使えるのも嬉しいですね。LEDタイプなら、消費電力も少なく済みます。

リビングやベッドルームをロマンチックにするフェアリーライト


リビングやベッドルームのインテリアをイルミネーションライトで飾りつければ、こだわりのインテリアに加えてさらにおしゃれ度がアップします。お気に入りのクッションやソファに彩りを添えてみてはいかがでしょうか?
また、電飾の大きさも重要です。小さくほんのりとした電飾を使うとロマンチックな雰囲気に、キラキラとやや大きめの電飾を使うとポップでキュートな雰囲気になります。お部屋の雰囲気に合わせて使い分けましょう。

窓辺をほんのり温かくしてくれるボールライトガーランド


窓辺にボールライトガーランドの電飾を飾れば、温かみのあるイルミネーションになります。なんとなく寂しい感じのする夕方や夜も、部屋の中は温かくロマンチックに演出しましょう。写真のように、キャンドルと組み合わせてもいいですね。
窓枠はどうしてもガラスがあるので冷たい印象になりがちですが、温かい色の電飾で飾りつければほんわりと優しい雰囲気に出来ます。インテリアのアクセントにもなり、夜が待ち遠しくなるようなイルミネーションです。

照明でお部屋のムードを盛り上げよう


照明は、お部屋のムードを盛り上げてくれるインテリアの一つです。リラックスしたい寝室やリビングには間接照明を使い、温かみのある電球色で彩るのがおすすめ。リモコンLED電球を使えば、簡単にON/OFFの操作ができて便利です。さらに、テレビやパソコンの後ろをスタンドライトでほんのり照らすと、画面が見やすくなるだけでなく柔らかい印象を出すことができます。
思い切ってイルミネーションをそのままインテリアにしてしまう、ストリングライトの電飾を飾る方法もあります。小さめのフェアリーライトでガーリーを演出したり、ボールライトガーランドでほんわり優しい雰囲気にしたりするのもいいですね。ぜひ、お好みの照明を見つけて下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧