ワンルームでも狭くならない!空間にあったロフトベッドの選び方

一人暮らしインテリア

一人暮らしをして、ワンルームで生活するとあまり家具を置けません。
ベッドの下に、家具を置くスペースがあるロフトベッドは人気です。
しかし、頭をぶつけるなどのデメリットもあり、選ぶときには慎重さが求められます。
デメリットを解消するベッドの高さの選び方や、役に立つグッズなどをご紹介します。

ロフトベッドをワンルームに置くメリットとは

高さがあるロフトベッドは、空間を確保しにくいワンルームに向いています。

床を広く使うことが出来る

下のスペースにソファや机を置くことが出来るので、置くことが出来る家具の数が増えます。

冬場の暖房効率が上がる

暖房で暖められた空気は軽いので、上の方に上がります。
また、階上の部屋の暖房や、屋根に日中降り注ぐ太陽で暖められた空気が天井近くに溜まるため、高い位置で眠れるロフトベッドの方が暖かいのです。

プライバシーが確保出来る

高さがあることで、眠っている姿を部屋に泊まりに来る来客に見せずに済みます。
下の空間に布団を敷き、カーテンを取り付ければ来客用の寝室スペースを確保出来ます。

ロフトベッドを置くデメリットもある

ロフトベッドは便利ですが、デメリットもあります。
・夏場の冷暖房費がかかる
・騒音の問題が生じやすい
・体調が悪い時や怪我をした時に段を上ることが出来ない
体調が悪くなった場合、床やソファで寝るという選択肢を作っておきましょう。

ロフトベッドで頭をぶつけてしまう?気を付けたい高さの問題

天井が低い部屋に、ハイタイプのロフトベッドを入れてしまうと、頭が天井に擦れたり、夏場は屋根の熱が伝わって来たりします。
座った時、頭から65cmは有った方が安心です。
引越しが多い人は支柱がスライドして高さを変えられるタイプのロフトベッドを選ぶと良いでしょう。

低めのロフトベッドの下の空間の活用術

デスクなどを置くことはできなくなりますが、様々な用途に使うことが出来ます。
以下は、使い方の参考です。

和風の空間にする

文机や座椅子など、床に座るタイプの家具なら低めのロフトベッドの下でも収納出来ます。

高さの合うボックスを入れて、収納に使う

本やCD、服などをすべてロフトベッドの下に入れて、ほかの家具をベッドから離して収納するという手法です。
ポールとポールの間にネットを取り付けて、フックを吊るせば、カバンやアクセサリーなどを置くスペースになります。

<h2>ロフトベッドと組み合わせることで快適さを増すグッズ

ベッドガード

掛布団のずり落ちを防止してくれます。
金属製のものと、木製のものがありますが、木製のものの方が肌への当たりは柔らかく、冬場でも冷たくありません。

小型のファン

空気を循環させることで天井近くに溜まった熱を逃がします。
冬場ロフトベッドの下は暖房が遮られ、冷たい空気にさらされますので、空気の循環を良くすることは大切です。

パーテーション、すだれ、カーテンなど

ベッドを設置する場所が、西日の射す窓、街中の街灯の光などが入る場所の場合は、仕切りを設けて光を拡散させましょう。
ほかのマンションの窓から部屋が見えてしまう場合の目隠しにもなります。
ロフトベッドは高さがあるため、思いもよらぬ場所から寝る場所が見えてしまうことがあるのです。

照明

下のスペースは暗くなるので、いくつかクリップライトなどを設置しましょう。
デスクライトを置いた周囲の壁に白いボードを張ると、反射して手元の暗さをカバー出来ます。

マットレス、冷涼シーツ

ロフトベッド自体が狭いのでしっかりと睡眠の姿勢を保持できるマットレスを用意することが大切です。
暑さや湿気が気になる場合は、速乾性で冷たく感じる素材のシーツや枕カバーを使うと、汗を多くかくことによるカビを防ぐことが出来ます。

生活のステージに合わせてベッドを選ぶ

ロフトベッドの素材はいくつかあり、インテリア性が高く、体に当たっても冷たくない木製と、管理がしやすく、組み立てやすい金属製の品が多く出回っています。
床材によっては木製のあまり重いものを置いてしまうと、跡が残ってしまいますので、下にラグをひいたりする必要があります。
社会人デビューをしてお金がまだない、配置転換などで引っ越しがありそうな時期は軽く、価格が安く、軽く機能性が高いものを選び、生活に慣れてきたら落ち着いて過ごせるベッドにするというのも一つの考え方です。

ピックアップ記事

関連記事一覧