• HOME
  • 記事
  • 掃除
  • 漂白剤のオキシクリーンの日本製とアメリカ製との違いは?

漂白剤のオキシクリーンの日本製とアメリカ製との違いは?

掃除

今回は話題の漂白剤、オキシクリーンについて紹介させていただきます。オキシクリーンは、キッチンにもお風呂にも、洗濯物にまで使える万能な漂白剤として人気になっています。元々はアメリカで発売されている漂白剤です。元祖のアメリカ製のオキシクリーンと日本製のオキシクリーンでは何か違いがあるのでしょうか。

そもそもオキシクリーンとは?


そもそもオキシクリーンとは、アメリカで販売されていた粉末漂白剤のことです。以前は輸入されていましたが、現在では日本製のオキシクリーンが登場して話題になっています。
オキシクリーンの主成分は過炭酸ナトリウムで、お湯に溶かすことで汚れを分解する酸素の泡が出てきます。
話題になっているのは、この泡が油汚れにとても強力であるというところです。掃除をしたいところの汚れを落とすのに、とても便利だと日本でもとても人気になっています。
アメリカ製のオキシクリーンと日本製のオキシクリーンでは成分が少し違うのだそうです。

日本製オキシクリーンの特徴


日本製とアメリカ製では成分が少し違うという特徴がありますが、日本製のオキシクリーンにはどんな特徴があるのでしょうか。
日本製のオキシクリーンには、添加物が少ないというのが大きな特徴になっています。添加物が少ないことで、洗い流しやすくすすぎがしやすくなっています。
日本製のオキシクリーンの成分は、過炭酸ナトリウムと補助剤のみのとてもシンプルな成分になっています。そのため、アメリカ製のオキシクリーンよりは泡立ちがよくありません。
泡立ちが少ないから、しっかりと洗えているのか不安に感じる場合もあるかもしれませんが、必要以上に泡立たないことですすぎがしやすく扱いやすいのです。
また日本製のオキシクリーンは、香料無添加なのでどんな場所にも使うことができるというメリットがあります。お風呂やキッチンで使う時は香料がないほうが使いやすいことがあります。洗濯物に使う時には、自分の好きな香りをフレグランスでプラスすることもできます。

アメリカ製オキシクリーンの違いは


あらためてアメリカ製のオキシクリーンと、日本製のオキシクリーンの違いをまとめてみましょう。
アメリカ製のものよりも日本製のオキシクリーンのほうが、成分はシンプルになっているという違いがあります。
アメリカ製のオキシクリーンは泡立ちがよく香りも付いています。そのため洗剤には青い粒状の界面活性剤と香料が入っているのがわかります。
アメリカ製と日本製の違いはそれだけです。日本製のオキシクリーンもアメリカ製のオキシクリーンも汚れの落ち方は同じです。
アメリカでは泡立ちや香りがあったほうが好みだという人が多く、日本ではすすぎが楽で無香料のほうが好みだという人が多かったのでしょう。あなたにはどちらのオキシクリーンが合うのかチェックしてみましょう。

日本製オキシクリーンの使い方


日本製のオキシクリーンの使い方をみていきましょう。使い方としてはアメリカ製と変わりませんが、付属の計量スプーンはアメリカ製のほうが大きいサイズになっています。
目安通りに「お湯」に溶かして使うことになります。油汚れに強い漂白剤なので、成分は強力です。肌が弱い人はゴム手袋をして扱うようにしましょう。

洗濯物に

クリーニングに出すほどでもないけれど、汚れが気になっているという洗濯物に使うことができます。オキシクリーンはもともと洗濯用の漂白剤だったので、洗濯物についている汚れ落としは大得意です。
襟元の黒ズミや食べこぼし汚れまで、しっかりと漂白してくれます。酸素系漂白剤なので、色柄物にも安心して使うことができます。

キッチンに

キッチンや水回りの掃除にも、オキシクリーンは大活躍します。コンロのギトギトの油汚れもオキシクリーンを使うことで綺麗に掃除をすることができます。
ホコリも固まってしまっているようなしつこい油汚れには、オキシクリーンに漬け置きして掃除をするのがおすすめです。オキシクリーンを浸したフキンで拭き取るだけでもキッチンやお風呂場でも

漂白剤ですが、お風呂場の掃除にも活躍する洗剤です。雑菌によるヌルヌルした汚れを感じるというお風呂には、オキシクリーンで拭き取り掃除をしていきましょう。
お風呂に入った後、もうお湯を抜くだけという状態になったら湯船にオキシクリーンを入れて、お風呂の椅子やフタを入れてしまいます。オキシクリーンに一晩漬け置きして、しばらくしたら栓を抜きます。お湯がなくなったら椅子とフタはシャワーなどでさっと流すだけで、綺麗に掃除をすることができます。

オキシクリーンでピカピカに!


今回はオキシクリーンの日本製とアメリカ製の違いと、オキシクリーンの使い方を紹介させていただきました。強力な漂白剤のオキシクリーンを使って、家中ピカピカに掃除をしていきましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧