• HOME
  • 記事
  • 掃除
  • 嫌なぬめりを奇麗に除去!お風呂のクリーニング方法を場所別に解説

嫌なぬめりを奇麗に除去!お風呂のクリーニング方法を場所別に解説

掃除

お風呂と言えば、水回りの中でも一番カビの生えやすい場所です。特に梅雨のじめじめした時期には、放っておくとカビが発生していて困ることがあるでしょう。
カビは、そのままにしておくとどんどんと繁殖をして、見た目が悪いだけでなく健康的に見ても良いものではありません。そこで今回は、お風呂場のクリーニングについて解説していきます。

お風呂場のクリーニングに必要な道具


お風呂掃除に必要なものは、スポンジと中性洗剤です。頑固な汚れがある場合は、重曹やクエン酸が使用できます。また、カビがある場合はカビ取り用の漂白剤があると良いでしょう。
念入りにクリーニングをするのならば小さいブラシがあると便利なので、使い終わった歯ブラシがあると良いでしょう。もちろん市販のブラシでも結構です。
鏡を掃除する場合は、ラップとキッチンペーパーも用意しましょう。

浴槽のお掃除


浴槽の汚れは水垢や湯垢、人間の皮脂が主です。基本的には毎日使っている場所ですので、汚れもこびりついていないことが多く、中性洗剤とスポンジだけで汚れが落ちます。
まずお湯を抜いて、シャワーでお湯をかけた後に洗剤をまいていきます。その後スポンジで奇麗にして、洗い流すだけで完了です。もし頑固な汚れがある場合は、重曹やクエン酸を使用すると良いでしょう。
溜まった残り湯に、重曹を片手いっぱい掴めるほどの量を入れます。その後1日ほど付けておいてから、お湯を抜きます。そして、シャワーで流すと湯垢や人間の皮脂といった酸性の汚れが一気に落ちます。
1日お湯を放置する時に、椅子や洗面器も一緒に入れておくと簡単に汚れが落ちます。その後は、スポンジで軽くクリーニングするだけです。水垢が取れない場合はアルカリ性の汚れなので、クエン酸が有効です。
クエン酸をまいてしっかりとスポンジでこすり落としましょう。また、お風呂の蓋は凸凹があるので大きいブラシなどでこすると効果的です。ここも中性洗剤を使用して、汚れをこすり落としましょう。

床の掃除


お風呂の床は各ご家庭によって材質に若干の違いがありますが、基本的には滑らないような仕組みとなっており凹凸があることが多いでしょう。その為、スポンジよりはブラシでこすった方がより汚れが落ちます。
浴槽と違って傷がつきにくいことが多いので、しっかりとこすって汚れを落としましょう。まずシャワーで床を濡らしてから、中性洗剤をふりかけていきます。その後、ブラシでこすって汚れを落としていきます。頑固な汚れは、重曹を振りかけてごしごしとこすっていくと奇麗に落ちます。
また床には、排水口がありますが、ここは重曹やクエン酸、排水口用の洗剤などでクリーニングします。これらをかけて数十分放置をすると、嫌なぬめりも落とせます。

壁の掃除


お風呂の壁は、カビが発生しやすい場所です。頑固なカビがある場合は、塩素系のカビ取り漂白剤を使用しましょう。
まず、カビに塩素系の漂白剤をまいて、数十分待ちます。この時、換気を良くして密閉された空間で行わないように気を付けましょう。放置後、水で洗い流すと黒かった部分が取れますので、ブラシでこすって終わりです。
その他、通所の汚れは中性洗剤を使用して、ブラシでごしごしとこすれば奇麗に落ちていくでしょう。
また、お風呂の鏡が曇っていて使用できないという方も多いかと思います。この曇りは水垢によるものなので、クエン酸水を使用することで上手にクリーニングできます。
水200mlに小さじ1のクエン酸を入れたクエン酸水に、キッチンペーパーを浸して鏡に貼り付けます。その上からラップを被せて1時間~2時間ほど放置をしましょう。その後、スポンジでこすってシャワーで洗い流せば、水垢が奇麗に落ちます。

クリーニングの頻度は浴槽とそれ以外で分けよう


お風呂場もクリーニング箇所がたくさんありますので、毎回お掃除するのは疲れてしまいます。そんな時は、浴槽とそれ以外で分けて掃除をする頻度を変えましょう。
浴槽は毎日使用する場所ですので、汚れていると気持ちが悪いものです。この部分はお湯を変えるごとに掃除をして、他の部分の汚れは1カ月に1回などと決めておくと良いでしょう。また、お風呂に入りながらクリーニングも一緒にしてしまうと一石二鳥です。

ピックアップ記事

関連記事一覧