どうしても片付かない!靴の収納アイデアの方法とは?

収納・整理

玄関の掃除をしている時、出かける時、玄関に靴が散乱しているのは気になりますよね。玄関に靴があることで、散らかっているように見えることもあります。気になるから片付けたい。でも片付かない。そんな悩みを抱えている人も多いよう。今回は片付かない玄関の解決方法として、靴の収納アイデアの方法を紹介します。

靴が収納できない・・・片付かない玄関


玄関に靴が散乱しているという人には、靴の断捨離がおすすめです。履かない靴や、サイズの合っていない靴は、もったいないと思うのではなく、運気をアップさせるために手放そうと思うことが大切です。
断捨離をしても、靴が思ったほど減らないということもあります。家族が多いのに靴箱の容量が小さい場合や、靴を集めるのが趣味だから減らすことができないという場合です。
しかし玄関に靴がたくさん並んでいることで、なんとなく玄関が散らかっている雰囲気に。そんな時には靴箱をプラスするという方法がぴったりです。

靴箱をプラスする時のポイント


靴が入りきらないなら、靴箱をプラスするしかありません。でも、なんとなく靴箱を増やしてしまうと、靴が靴箱の家具に変わっただけに。散らかっているように見えることに変わりがありません。
靴箱をプラスする時には、ポイントを抑えておしゃれな靴箱にしていきましょう。

ポイント①タタキに置かない


靴箱をプラスする時には、ついつい玄関のたたきに置いてしまいがちです。しかし玄関のたたきに置いてしまうと、玄関が狭くなってしまいます。
狭い玄関は圧迫感が出るので、おしゃれな玄関にはなりにくいものです。玄関のたたきが狭くなることで、靴が1足しか置かれていないのに、なんだか散らかっているように見えてしまうこともあります。
玄関のたたきを広く使えるように、あえて玄関のたたきに靴箱を置かないということがポイントになります。

ポイント②見せる収納に挑戦


追加する靴箱は玄関のたたきに置かないことがポイントです。靴は玄関に置く物だと思ってしまいますが、あえてリビングや居間に置いて見せる収納にしてみるのもおすすめです。
おしゃれな靴やスニーカーを集めるのが趣味だという人にも、ぴったりの収納方法です。
リビングや居間ではなく、廊下に収納スペースを作るのもいいでしょう。靴だけではなく、他のインテリアアイテムも飾ることで、おしゃれな靴置きにすることもできます。
ブーツや下駄などそのシーズンしか履かないものは、クローゼットの中に靴箱を作って、そこに収納するという方法もおすすめです。

市販のものをプラスする


それでは靴の収納方法のアイデアをみていきましょう。靴の収納方法では、市販されているものを上手に使って収納するという方法がおすすめです。DIYはちょっと苦手だという人にもぴったりです。
■アイアンシェルフ
おしゃれなインテリアの収納家具としても人気のアイアンシェルフに靴を並べるだけで靴の収納スペースに変えてくれます。
どんな靴を収納するのかで、イメージを変えることもできます。革靴などには古材風棚板を使ってみたり、スニーカーを収納するならポップな板をのせてみたりするのもいいでしょう。
■ラダーラック
インテリアとしても人気のラダーラックを、靴置き家具にするアイデアもおすすめです。壁に立てかけるだけでできてしまう、簡単な靴置きになります。
ナチュラルなインテリアの部屋に置くときにもぴったりです。まるでディスプレイされているような靴置きになります。

100均すのこを使ってDIY

DIYが得意だという人なら、100均すのこを使ったおしゃれな靴箱を作るのもおすすめです。100均すのこを半分に切って、ペイントするだけでも素敵な靴置きになります。
棚の部分もすのこでアレンジできますが、ワイヤーを使ったりつっかえ棒を使うことで、さらに簡単に作ることができます。

アイデア次第で素敵なインテリアに!

今回は靴の収納アイデアについて紹介させていただきました。靴の収納は、市販のものを利用する方法からDIYをする方法まで色々あります。
あなたのアイデア次第では、靴置きも素敵なインテリアになることもあります。ぜひあなたの家のインテリアに合わせた靴の収納方法を考えてみて下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧