新生活を迎える方へ!一人暮らしの引っ越しのコツを大公開

収納・整理

新生活を迎えるにあたり、必要なのが引っ越しの準備。特に荷造りは想像以上に手間がかかるとことが多く、ギリギリになってしまうケースも少なくはありません。
一人暮らしの場合、人手が足りないので効率良くこなしていく必要があります。この記事では一人暮らしの引っ越しのコツを大公開。引っ越しを控えている方は、ぜひ参考にして下さい。

まずは断捨離!


引っ越しの際、荷物が多ければ多いほど、荷造りが大変になりますし、お金もかかります。引っ越し後にも知らず知らずのうちに物は増えていくので、「なるべく身軽に」が鉄則です。
まずは断捨離からスタートして、荷物を減らしましょう。ポイントとしては、1年使っていないものは不要と判断して、どんどん捨てることです。家族に気兼ねなく捨てられるのは、一人暮らしの特権です。
特にタンスやクローゼットは重点的に。何年も着ていない服は、十中八九、二度と着ることはありません。
また、本が多いという方は必要最小限の物だけ残して、他の本は再読する時に電子書籍で購入してはいかがでしょうか。紙の本も魅力的ですが、引っ越しのことを考えると徐々に電子書籍に移行するのをおすすめします。
引っ越しの際、日用品など細々としたものは捨てるけど、家具は全部持っていくという方も多いでしょう。ですが、インテリアを重視しない場合、捨てることも検討しておきましょう。例えばタンスは透明のプラケースで代用出来ますし、プラケースにしておくと次の引っ越しの時にそのまま運んでもらえて便利です。

引っ越しに必要な物を準備


次に引っ越しに必要な物を準備します。いざ作業をしようとして、「あれがない!」となると非効率的なので気をつけましょう。

段ボール

おすすめなのは業者から段ボールをもらうこと。無料の場合と有料の場合があります。スーパーやドラッグストアでお願いしてもらうことも出来ますが、サイズがバラバラなので、やや作業がしにくくなってしまいます。

新聞などの緩衝材

ガムテープや養生テープ

段ボールなど跡がついても良いものはガムテープで、家具などは養生テープで止めます。

ビニール袋やジップロック

細々としたものをまとめるものがあると、スムーズに作業が出来ます。

お掃除シート

引っ越しの準備をすると、今まで目につかなった汚れが見つかります。お掃除シートがあれば、わざわざ掃除用具を出す必要がなく手間が省けます。
その他、カッターやハサミ工具なども用意しておきましょう。

3つのポイントで荷造りもラクチン


下記のような3つのポイントを意識すると、スムーズに引っ越しの準備ができます。

出番が少ないものは早めに

季節外れの服や本など普段使わないものは、早めに荷造りしておきましょう。
引っ越し直前はバタバタしがちなので、出来ることから早めに準備するのがポイントです。

思い出の品は最後に

荷造りの効率を大幅に下げてしまう原因の一つが、途中で思い出に浸ってしまうこと。大掃除の際、ついつい家族のアルバムを見てしまって時間ロスをした経験がある方も多いのではないでしょうか。一人暮らしだと、注意してくれる家族がいないのでより気をつけなければなりません。
思い出の品のある場所は後回しにして、先に機械的に作業出来る場所から荷造りをしていきましょう。引っ越し直前であれば、タイムスケジュールの意識も高いので、時間のロスも少なくなります。

重さ別に荷物を分類

大きい段ボールと小さい段ボールを用意して、重いものは小さい段ボール、軽いものは大きい段ボールに入れていきます。一人暮らしの場合、1人での作業が中心なので、重すぎる箱を作ってしまうと、持ち運べずに時間をロスしてしまいます。
一人暮らしでも効率的に引っ越しの準備をする方法は上記の通りです。引っ越しの際の参考になれば幸いです。

ピックアップ記事

関連記事一覧