アイロン台の代用品とは?しっかりアイロンをかけるコツも

豆知識

アイロンをかける時に、うっかりアイロン台を汚してしまったということはないでしょうか。ついついアイロンで服についていた飾りを溶かしてしまって、アイロン台にくっついてしまっているからアイロン台が使えないという場合にも代用品が必要です。今回はアイロン台の代用品にはどんなものがいいのかを紹介します。

アイロン台・・・デメリットに感じるポイントは?


アイロンをかける時には、アイロン台が必需品と考えられていますが、アイロン台を出し入れするのが大変だと感じている人も多いようです。アイロン台は意外と大きいサイズの物になるので、収納場所からの出し入れが大変です。
また何かのアクシデントでアイロン台が汚れてしまっても、なかなか買い換えることができないのはアイロン台が高価であることも影響しているようです。いいアイロン台を購入しようと思うと、どうしても高価になってしまいますよね。
とりあえず今日だけ、アイロン台を代用したいという時には、どんな物でアイロン台を代用するといいのでしょうか。

段ボール


とりあえずの代用品としておすすめのアイロン台の代用品が段ボールになります。合板などでもアイロン台の代用品になりそうですが、段ボールのクッション性はアイロン台の代用にぴったりです。
段ボールの折り目があるところでアイロンをかけてしまうと、そこがしわになってしまうので、できるだけ大きめの段ボールで面の部分を使ってアイロンをかけていきましょう。
段ボールもすぐには準備できないという場合には、棚や机に新聞紙を置いてアイロン台の代用品にすることもできます。新聞紙に折り目が付いている場合には、薄い布を乗せてアイロンをかけてしわをのばしてから、アイロン台の代用品として使うといいでしょう。

バスタオルで十分


廃品回収に新聞を出したばかりで、新聞紙も近くにないという人は、バスタオルをアイロン台の代用品にすることもできます。机や棚などの平らな部分にバスタオルを敷くだけで問題ありません。ちょっとしたもののアイロンがけなら、机ではなくても椅子の上でささっとアイロンをかけることもできるでしょう。
机や椅子などにアイロンをかけたいものを、直接置いてアイロンをかけることもできますが注意も必要です。
木製の机や棚などの場合は、机や棚の場合はアイロンで焦げてしまわないように注意をしなくてはいけません。耐熱性のものであっても、溶けないわけではないので注意が必要です。

アイロンマットも便利


100均でも販売されている、アイロンマットをアイロン台の代用品として使うのもおすすめです。アイロンをかけるために作られているマットなので、代用品の中では1番使いやすくて安全です。
アイロンマットはマット状になっているので、巻いて収納したり、畳んで収納したりできるのも嬉しいポイントになります。

アイロンの簡単なかけ方のコツ


アイロン台を代用してかける時には、上手にアイロンをかけることができるか心配になるかもしれません。アイロン台の代用品を使っても、上手にアイロンをかけることができる簡単なコツを紹介します。

干す時にできるだけしわを取っておく

アイロンを簡単にかけるコツは、洗濯を干す時にできるだけしわを伸ばして干すということです。当然だと思われるかもしれませんが、この一手間でアイロンがけの手間は大きく変わります。
特に襟の部分や袖口など、アイロンがかけにくいと感じる部分のしわを気にしてのばすように干すとアイロンがけが簡単になります。

アイロンのジグザグはNG

アイロンをかける時には、ついついジグザグとアイロンを動かしてしまいますが、ジグザグアイロンは、アイロンしわを付けてしまうことがあるのでやめましょう。
アイロンを真っ直ぐに移動させてしわを伸ばしていきます。袖口などの細かいところも、プッシュして少し押し込むようなイメージでアイロンをかけていくといいでしょう。

アイロン台は代用できる!でもやっぱりアイロン台は便利


今回はアイロン台の代用品を紹介させていただきました。段ボールやバスタオルなどを使うことで簡単にアイロン台の代用品にすることができます。
アイロン台を購入しないという人であれば、アイロン台として使いやすいように、段ボールやバスタオルをDIYするのもいいでしょう。
出し入れが大変なアイロン台ですが、たくさんのワイシャツにアイロンをかけないといけないという場合には、しっかりとした台になっているのでやっぱり便利です。
どんな便利なアイロン台があるのかも、見に行ってみるのもいいかもしれません。

ピックアップ記事

関連記事一覧