築年数別・リフォームや建て替えを検討すべき経年劣化チェックポイント

お家の修理

住宅にとって避けられないのが経年劣化。耐久性に問題のなかった建物であっても、正しいメンテナンスは必要になります。住宅の耐久性をキープするためにチェックしておきたいポイントを、築年数別に解説します。建て替えやリフォームを考えるヒントにしてください。

建て替え・リフォームの前にチェック!経年劣化ってどういう状態?


よく耳にする「経年劣化」という言葉ですが、具体的にはどのような状態を指すのかわからないという人も少なくないはず。
特に住宅のリフォームや建て替えなどを考える場合は、築年数に合わせた施工が必要になります。
大切なマイホームで少しでも長く快適に暮らすために、以下のチェックポイントを参考にしてみてください。

築年数別・建て替えリフォームの為の経年劣化チェックポイント

築10年で建て替え検討する場合は「屋根」「外壁」「床下」をチェック

住宅の耐久性が問題になってくるのは、具体的には築10年前後です。特に耐久性に問題が生じてくるのが、「屋根」「外壁」「床下」などです。家の構造に関わる重要な部分なので、メンテナンスや建て替えを検討しましょう。
屋外の木製の部分や鉄製の部分も、劣化が顕著に表れます。表面だけであれば塗り替えなどでカバーできますが、内部にまで腐食が進んでしまうと大規模な修繕が必要になります。
<h3>築20年で建て替え検討する場合は大部屋の間取り変更なども視野に入れて</h3>
築20年ともなると、耐久性に大幅に影響が及びます。また、耐久性に関してだけでなく、住んでいる人の生活スタイルも変わっていくもの。それに伴い、建て替えやリフォームで大部屋を間取り変更して部屋を増やしたり、キッチンを新しくしたりなどといった対応が必要になります。
大部屋の間取り変更は勿論、浴室や水まわりなどの土台への影響も考慮すべきです。腐食している場合も少なくないので、水まわりに加えて屋根、外壁などは注意してチェックしましょう。
<h3>築30年以上経った場合の住宅は空調も効きにくくて建て替えが必須</h3>
耐久性に本格的に影響が表れるのが築30年程経過したタイミング。リフォームでは耐久性に限界が来てしまう可能性もあるので、建て替えを検討するご家庭も少なくありません。
窓ガラスのガラス部やサッシ本体の劣化によって空調の効きにも影響が表れ、これまでの劣化部位にはさらに耐久性に問題が生じます。基礎や配管の耐久性にも影響が表れ、空調の効き以上の暮らしにくさを実感する可能性もあります。
大規模なリフォームを行うなら、思い切って建て替えをしてしまった方がより暮らしやすくなるかもしれません。

賃貸物件の建て替えの場合は?入居者が気をつけたい注意点

賃貸物件の経年劣化、建て替えの費用は入居者負担?

戸建ての場合は耐久性に問題があれば建て替えやリフォームを行えば良いですが、賃貸の場合はそうはいきません。
また、賃貸の場合破損の有無にかかわらず経年劣化とともにその価値が減少すると考えられています。耐久性以外の問題で建て替えが必要になった場合には敷金において入居者が原状回復費用を負担することになる可能性もありますが、耐久性の問題を考慮し、経年劣化による物件の価値の減少分まで入居者に負担させる必要はないとされています。

マンションの建て替えの場合は修繕積立金が活用される

マンションの耐久性に問題が生じた場合、建て替えに活用されるのが修繕積立金です。入居者から定期的に集金され、自動的に積み立てられて耐久性の向上に活用されます。
一戸建ての場合は自分で積み立てる必要があるので、その点は賃貸住宅よりも計画的な運用が必要になります。
家は必ず劣化していき、耐久性に影響が表れるもの。外壁や内装、空調や窓ガラスなどの設備を見直し、住宅の耐久性を高めるためには、メンテナンスや建て替えは欠かせません。費用をしっかり確保し、折に触れて住宅の状態をチェックしていきましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧